マネープランは年代によって違う

一言にマネープランと言っても年代で大きく異なってきます。

今回は、世代別に必要なマネープランをご紹介したいとおもいます。

・20代
20代前半はまだまだ実家暮らしの人も多く、独身ということもあり貯金可能な時期です。
親と同居の場合は必要経費いを入れましょう。
金銭感覚が身に付き一人暮らしをした時に役立ちます。まだ将来の目的がなくても貯金をおこないましょう。
後半に差し掛かると、結婚などライフイベントも出てきますが、主に運用は勉強などです。

・30代
結婚し、子供が生まれる人が大半です。子供ができ共働きでは無くなった場合、貯蓄をするのが難しくなってしまいます。
家庭をもった時点で貯蓄プランをたてましょう。30代半ばでマイホームを購入するのが平均と言われています。
住宅ローンは定年後まで残すと苦しくなるので、将来を見据えて保険の見直しなどマネープランを一度見直しましょう。

・40代
子供が大きくなり教育費がかさみ、携帯代など生活費の負担が大きくなる時期で最も苦しい時期とも言われています。
老後の資金準備も始めなくてはいけない時期です。
定年後後から公的年金の支給されない時期(60歳〜65歳)の資金は必衰です。

・50代
現役最後の時期となり、60歳までそのままの条件で働き続けるということは難しくなります。
大学進学などで教育費はまだあるなかで老後資金の準備も引き続き必要です。
進学については子供と話し合い、将来自分自身にどう役立てるのかなどしっかりと話合いましょう。

・60代
公的年金と退職金で生活しなければ成り立ちません。
車検、保険料、固定資産税等年間の必要な分も家計に入れて、家計プランをしっかりと立て直しましょう。
また、住宅の修復をしなくてはいけなくなるのもこの時期です。
そういった事をしっかりと想定した老後を考えなくてはいけません。