赤字脱却の3ステップ

「給料が少ないから」という理由で赤字家計をなあななに終わらせてはいませんか?収入が減少している場合は支出が赤字になってしまいます。 収入が多くても、支出が多ければ赤字になっていることもあります。今月の支出を考えていくことが大切になってきます。

単月で急な出費がある場合の赤字は仕方がありませんが、いつまでも赤字のままではいけません。
ですから、自分の収入の範囲のなかから支出を減らしていく必要があります。
支出を見直すことで、赤字を脱却でき貯金もできるほどに変化する事があります。

akaji ここでは、支出を見直す3ステップをご紹介します。

1.保険料の見直し
保険と言えば、死亡保険を指すことが多く家族ができたら加入する場合が多いです。
現在、終身死亡保険に加入している人の数は非常に多いですが、内容や保険料のことを意識している方は
少ないです。
終身死亡保険は非常に高く、死亡時に必ず支払われることから、
月々の保険料は掛け捨てである定期保険に比べて割高になっています。
保険料が高いからこそ、不要な部分を見直すことでグッと安くすることができます。
終身死亡保険ではなく、低解約低戻金型終身死亡保険に変更するなどして保険料を見直しましょう。

2.車にかかる費用の見直し
車を持つ必要があるかどうか考えてみましょう。
車は購入の費用だけでなく、駐車場代、ガソリン代、税金などたくさんの維持費がかかります。
都心なら、タクシーを利用した方が安く済む場合が多々あります。
車を手放すだけで、年間何十万もの節約になります。

3.家計簿をつけてお金の流れを知る
月々の生活費の支出を把握する事が必要です。食費だけでなく、外食代、交際代など余計な出費はありませんか?
1月のお金の流れを把握する事で家計の無駄が見えてきます。
また、外食を特別な日だけにするなどメリハリが出るように見直しをすることで、精神的にも良い効果があります。

今月からでも見直しの機会をつくり、実行し成果を伴えるようにすると結果をもたらします。